アクセス

中華街マップ  Yokohama China Town

揚州飯店グループ店舗  Yoshu Group

1.揚州飯店 本店
2.揚州麺房

観光名所  Seeing Spot

3.関帝廟

後漢から三国時代にかけて活躍した武将「関羽」が神格化され崇拝されているもの。関羽の没後、仕えていた劉備一族により、その功績をたたえられ廟を建立したことが始まりとされている。
4.山下公園・氷川丸

山下公園は横浜観光の中心。大桟橋の入口から山下埠頭まで、海岸に面したおよそ1km、面積は約7万平方メートルある。
5.横浜大世界

2003年11月に新しく誕生したチャイナテーマパーク。美食街エリア、展示、パフォーマンスエリアなどに分かれている。
6.媽祖廟

中国沿海部を中心に信仰を集める女神。2006年3月17日に落慶。

中華街の門  Gates of China Town

7.西陽門

この牌楼は、白虎神をまつった中華街延平門より更に西端に位置しており、西の太陽に一番近いことから、「西陽門」と名付けられた。
8.延平門

白虎神は西の守護神。血の神で、婦人の産事をつかさどるという。門柱は白。平安、平和がずっと続くことを願い、延平門と名付けられた。
9.玄武門

玄武門は日本大通り、横浜スタジアム側。玄武神は北の守護神で水の神。亀に蛇が巻き付いた姿にあらわす。子孫の繁栄を象徴している。門柱は黒。
10.善隣門

「親仁善隣」(周囲の国や人と仲良くする)を掲げた善隣門は中華街の象徴であり、最も豪華な門である。この門から朝陽門(東門)を結ぶ通りが中華街大通り。
11.地久門

地久門は関帝廟通り、西側。一方通行出口側。地のとこしえ(永遠)なることをあらわす。
 
12.市場通り門

市場通り門は中華街大通り側と関帝廟通り側がある。
13.天長門

天長門は関帝廟通り、東側。一方通行入口側。天のとこしえ(永遠)なることをあらわす。
14.朱雀門

朱雀神は南の守護神。門柱は赤。厄災を払い、大いなる福を招くの意味が込められている。元町商店街から入るにはこの門を通る。南門シルクロードは、この門から朝陽門近くの五叉路を結ぶ道。
15.朝陽門

朝陽門は山下公園側。本町通りをよく通る人にとっては、この門が中華街の象徴。朝日を迎え、街全体に繁栄をもたらすとの意味が込められている。青龍が守護神だが、なぜかここの門柱は青ではなく赤。
PAGE TOP