【満員御礼】

おかげさまで、定員となりましたので

締め切らせていただきます。

1952年創業 揚州飯店開催する食事会!!
栃木県産 香鶏(かおりどり)のフルコースを
新世代の若き総料理長 吉田浩明 料理長 高橋 智洋が匠の技で料理いたします。

そしてチーフソムリエ 赤木 聖知の厳選したワインと共に、美味しくそして楽しいひと時をお過ごし下さい。

尚、メニューは当日までのお楽しみとなっております。

日 時:2017年 8月25日(金)

18:00(受付) 18:30(開宴)

会 場:横浜中華街 揚州飯店本店

横浜市中区山下町164

会 費:8,000円(料理・お飲物込)

※当日頂戴いたします。

尚、キャンセルの場合は3日前までにご連絡下さい。

 

定 員:25名(先着順)

要予約制になっております。定員になり次第、締め切らせて頂きます。

問合せ:揚州飯店本店 ℡ 045-651-5108

(担当:橋本・赤木)

《香鶏とは》

鶏のサラブレットと呼ばれていて、オリジナルの銘柄鶏で栃木県のきれいな空気と澄んだ水で時間をかけて飼育されています。

名古屋コーチンの交配で使われた

「バフコーチン」の血統を継承した泰山鶏が原種です。

鶏は羽や皮膚、脚の色などが濃い種類ほど、味覚が優れていると言われますが、

香鶏は、黒いさし毛があり、脚は鉛色で血統的な優位を示しています。

鶏特有の臭みが少ない鶏のため、

下処理をあまりせずに、素材の味を活かした食べ方ができます。